◆2017/02/25(土) ・26(日) 妻・恋人への暴力を止めたい男性のための~DV克服ワークショップ〔第70回〕
[東京]
場所:東京ボランティア・市民活動センター・会議室(JR総武線飯田橋駅1分)他
時間:土曜日19:00~21:00
    日曜日9:30~17:00
参加費:11,880円+税(開催日1週間前以降入金は1080円増)  
スタッフ:草柳 和之 氏 (大東文化大学非常勤講師)       
       斉藤 章佳 氏 (大森榎本クリニック・精神保健福祉士)
主催・問い合わせ:メンタルサービスセンター
            03-3993-6147(TEL)
            ホームページ
| 虐待・DV・トラウマ |
◆2017/02/24(金) 精神保健講演会『こころのSOS(サイン)に気がついて ~アルコール・薬物乱用、リストカット、ゲーム依存等になる前に身近な大人が出来ること~』
[東京]
場所:成城ホール 集会室D(砧総合支所4階)
時間:10:00~12:00
講師:谷口万稚(たにぐち まち)氏(米国認定臨床心理士)
   *Tokyo English Life Line (TELL) Counseling所属
     米国マサチューセッツ州レスリー大学大学院修了。薬物・アルコール
     依存症等の精神的な疾患や心の悩みへのカウンセリングを
     大学・クリニック・カウンセリングセンターにて従事。
     また、企業や学校に向けての講義・ワークショッフ゜等の啓発活動も行っている。
     昨年、アルコール依存症の親をもつ子どものための絵本
     『When someone in the family drinks too much』の翻訳出版ににご尽力された方です。
対象:思春期のお子さんの保護者、思春期のお子さんに関わる支援者
    身近な友人や知人が「アルコールや薬物等の問題を抱えているのでは…」と心配している方
    依存症の問題について関心があり、知識や対応方法について学びたいと考えておられる方
参加費:無料
定員:60名
申し込み:参加ご希望の方は、下記の申し込み先電話番号へご連絡をお願い致します。
      砧総合支所 健康づくり課保健相談係 担当:谷部
      03-3484-3166(TEL)
ホームページ

思春期になると、親が気づかないところで、友人関係・学業のこと・恋愛・家庭の心配事等を抱え、
誰にも相談できずに悩んでいることがあります。
昨年は芸能人の薬物問題がワイドショーを賑わせましたが、アルコール・薬物の問題は
テレビの向こうの出来事ではありません。
身近にいる大人として、まずお子さんがどのようなこころの状態となっているのかを知り、
薬物乱用やリストカット等のサインをどのように見守り、支援ができるのか
一緒に考えてみませんか?
| アルコール関連問題 |
◆2017/02/19(日) 第1回アルコール・薬物家族支援フォーラムin東京~支えあう家族の力~
[東京]
場所:首都大学東京 秋葉原キャンパス 秋葉原ダイビル12F
時間:13:30~17:00(13:00開場)
内容:「依存症の理解と回復」埼玉県立精神医療センター 成瀬暢也氏
    「全国家族調査報告」 埼玉県立大学 吉岡幸子 首都大学東京 新井清美氏
    「家族の回復にむけたワーク」 筑波大学 森田展彰氏
    「ご家族の体験談」
    「分かちあい」
参加費:無料
主催:第1回東京アルコール・薬物家族支援フォーラム実行委員会
連絡先:成瀬暢也(埼玉県立精神医療センター)
     048-723-1111(TEL)
     lifesaitama@gmail.com(Eメール)
| アルコール関連問題 |
◆2017/02/12(日) 東京加害者臨床研究会:第12回例会
[東京]
時間:14:00~17:00
場所:大東文化会館(東武東上線東武練馬駅1分)
料金等:3,000円(初回参加1,000円)
講師:草柳 和之 氏(大東文化大学非常勤講師、他)
問い合わせ・予約:東京加害者臨床研究会世話人
           健康科学大学 健康科学部 福祉心理学科
           専任講師 鈴木慎吾 氏
           shsuzuki@kenkoudai.ac.jp
           0555-83-5246(直通)(TEL)
ホームページ:http://www5e.biglobe.ne.jp/~m-s-c/
※加害者との面接でお困りの現場の方に、朗報です
| 虐待・DV・トラウマ |
| ホーム |