FC2ブログ
◆--/--/--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
◆2015/09/04(金) 厚生労働省依存症治療拠点病院事業「わが国の依存症支援におけるCRAFTの可能性」
[東京]
場所:東京 八重洲ホール 901室
時間:13:00~17:00
定員:50名(定員に達し次第締め切らせていただきます)
基調講演:Hendrik G. Roozen(Tilburg大学)
     「オランダにおける薬物依存者支援の現在」
     逐次通訳付き(通訳者: 菊池安希子: 国立精神・神経医療研究センター)
パネルディスカッション:「わが国における依存者家族支援の現状と課題」
       話題提供
       近藤あゆみ(新潟医療福祉大学)
       「依存症者家族支援ツールの開発とその実践(仮題)」
       藤田さかえ(久里浜医療センター)
       「アルコール依存症における家族支援の現状と課題(仮題)」
       今井航平(群馬県立精神医療センター)
       「精神保健福祉センターでのCRAFTの試み~GIFTの開発と実践(仮題)」
       森田展彰(筑波大学)
       「依存症者家族の支援と虐待・DV問題(仮題)」
申し込み:下記連絡先にメールでご連絡ください
     【連絡先】国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所
     薬物依存研究部 松本俊彦
     tmatsu@ncnp.go.jp
主催: 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部・久里浜医療センター
| アディクション |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。